テレワークの求人の探し方

コロナウィルスの感染予防やオリンピックによる交通機関混雑などで会社から離れて在宅で仕事をしたい人、テレワークを導入したい企業は多くなっています。

東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)が7月1日営業再開となりましたが、自宅で働けるテレワークの仕事がまだまだ注目されています。

時差出勤が都道府県や厚生労働省や政府から推奨されていますが、リスクを完全に消そうとするのであればテレワークが効果的です。

また、働き方改革などで残業の規制も厳しくなり、テレワークの仕事のニーズは日々高くなってきています。

テレワークの求人の探し方を紹介します。

テレワークとは何ですか?と思っている方のためにテレワークの意味から説明します。

 

テレワークとは

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用し、会社から離れた場所で、場所や時間にとらわれないで柔軟な働き方のことです。 テレワークの「テレ」とは「tele = 離れた所」という意味で、「work = 働く」と合わせて作られた造語です。

 

テレワークのメリット

テレワークのメリットは自由に働くことができることです。

 

場所に縛られない
時間に縛られない
満員電車に乗らないくていい
通勤がいらない

 

 

テレワークの仕事のスタイル

テレワークの仕事は、基本的には、会社から支給されたパソコンを自宅に持ち込み仕事をします。会社とは、パソコンの機能であるチャットやテレビ電話を使ってコミュニケーションをとります。

最近では、Office365やslack、chatwork、zoomなどの導入でテレワークツールの企業への導入も進み、テレワークの仕事がシームレスに行われるようになってきました。

シームレスとは、システムがあっても気にならないという意味です。

 

テレワークのできる雇用形態

フリーランスは、テレワークで働ける場合が多いです。

また、先進的な大企業であれば、正社員の場合、テレワークができる場合があります。

ただ、派遣やアルバイトの場合は基本的に難しいです。

 

正社員 可能(会社による)
派遣 難しい
アルバイト 難しい
フリーランス 可能

 

テレワークに必要なスキル

テレワークに必要なスキルはテレワークツールが使えたり、コミュニケーション能力があることです。

 

・リモートワークツールが使える
・コミュニケーション能力

 

テレワークの求人の探し方

クラウドソーシングサイトで探す

テレワークの求人を探す場合には一番適しているのがクラウドソーシングのサイトです。

クラウドソーシングはフリーランスへの仕事の紹介が中心なのでテレワークを前提にした案件が多いです。

フリーランス求人サイトなどでもテレワークありの求人を紹介しています。

良いフルテレワークの求人に探すにはいろいろなフリーランスサイトに登録してみるのがおすすめです。

求人サイトで探す

求人サイトは検索条件で自分にぴったテレワーク有りの会社を探すのも

ミイダス

自分の市場価値がわかる求人サイトです。

ミイダス

 

テレワークの職種

テレワークの職種には、ITエンジニアやデザイナー、オンラインアシスタント、クリエーター、ライター、ブロガーなどになります。

 

事務

元々は、事務はテレワークに不向きな職種できたが、オリンピックなどもあり、事務の仕事をテレワーク化する企業も増えてくることが想定されます。

 

ITエンジニア

ITエンジニアの中でもWEBやデザイン関係の仕事は、自宅環境だけでテレワークができる場合が多いです。

 

デザイナー

デザイナーは自宅環境の方が本人の才能が発揮しやすいためテレワークがしやすいです。打ち合わせなどでお客様先に伺う事はあるかもしれません。

 

オンラインアシスタント

オンラインアシスタントとは、お客様の職場とは別の場所でオンラインで対応するアウトソーシングの仕事です。

 

クリエーター

クリエーターもデザイナーと同様に自分の慣れた環境の方がパフォーマンスを発揮できるのでテレワークに適しています。

 

ライター

ライターは記事作成などの仕事を自宅や喫茶店など執筆スペースですることができます。

テレワークに適した職種です。

 

ブロガー

ブロガーもライターと同じく記事作成などの仕事を自宅や喫茶店など執筆スペースですることができます。

テレワークに適した職種です。

 

アドバイザー

専門分野についてアドバイスをおこなうアドバイザーの仕事も電話やテレビ会議などで仕事ができるためテレワークが適した仕事です。

 

コンサルタント

専門分野についてコンサルをおこなうコンサルタントも電話やテレビ会議などで仕事ができるためテレワークが適した仕事です。

 

未経験でテレワークをするには

テレワークが未経験であったとしても、職種として経験があれば、その職種でテレワークを始めることができます。

例えば、Webエンジニアとして経験があれば、Webエンジニアとしてテレワークの仕事に就くことができます。

 

 

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
テレワーク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ