在宅でできるライターの仕事を、初心者にもわかりやすく紹介

コロナウィルスの感染予防やオリンピックによる交通機関混雑などで在宅でできる仕事をしたい人は多くなっています。

在宅でできるライターの仕事を、初心者の方にもわかりやすく紹介します。

 

在宅でできるライターはどんな仕事

ライターは、クラウドソーシングなどで在宅でできる仕事です。雑誌やメディアの編集者や依頼主から与えられたテーマに合わせて記事を作成する仕事です。

 

在宅のライターとして必要なデバイス

基本的にはライターの仕事はパソコンで文章を作成します。

ただ、スマホやipadなどでも文章は作成できるので、スマホやタブレットなどの方が効率が良い方はパソコンにこだわる必要はありません。

 

種類 入力しやすさ 自由度
パソコン 高い 低い
スマホ 低い 高い
iPad

 

在宅でのライターの難易度

在宅でのライターは文章を書くのが得意な人であれば、初心者でも対応することはできます。

 

・文章が得意な人
・調べるのが得意な人
・まとめるのが得意な人

 

種類 難易度
初心者

 

在宅のライターはいつできるの

在宅のライターは、比較的、自分の時間に合わせて仕事をすることができます。

ただ、インタビュー記事などは、インタビュー相手に合わせる必要があります。

 

単発 可能
即日 可能
土日 可能

 

在宅でのライターは誰ができるのか

在宅でのライターは、学生や正社員などバイトでも仕事することができます。

 

学生 可能
主婦 可能

 

正社員 可能
バイト 可能

在宅でのライターの求人があるエリア

在宅でのライターは全国で働くことができます。

 

エリア 全国

よく検索されている福岡、帯広、大阪でも対応可能です。

在宅ライターの収入

在宅ライターの収入は、原稿の文字単価次第です。文字単価が1文字1円の場合、1000文字の記事を仕上げた場合は1000円が収入になります。

 

1文字1円の場合、1000文字で1000円
1文字10円の場合、1000文字で10000円

 

在宅ライターの募集・求人サイト

在宅ライターの募集しているサイトです。

 

・クラウドワークス
・ランサーズ(総合大手)
・ザグーラワークス

 

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、保険の営業、事務(派遣社員)を経験後、ITエンジニアに転職。 残業や生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。過去のビジネス経験と副業経験を活かし情報発信をおこなっている。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

toshiをフォローする
ライター
スポンサーリンク
toshiをフォローする
幸せなお仕事ナビ