美容師の業務委託に未来はあるのか

美容師の働き方として、業務委託という選択肢があります。

業務委託は安定していない、手取り給与がやすいなどという意見もありますが、美容師の業務委託に未来はあるのかを解説していきます。

美容師の業務委託とは

そもそも業務委託は、業務内容を外部の方に委託することです。

簡単に説明すると、人が足りない時に自分の仕事をパートナーさんにお願いすることです。

美容師の業務委託の場合は美容院の仕事を、パートナーさんにお願いし、カットなどを手伝ってもらうことです。

業務委託契約には請負契約と委任契約があり、美容師の場合、基本的には期間中に業務行為を行う委任契約になります。

成果物を提供する請負契約の場合はないと思いますが、念のため確認は必要です。

 

美容師の業務委託の手取り収入

美容師の業務委託の場合の手取り収入は、個人の経験などにもよります。カリスマ美容師として独立した場合は、800万円や1000万円以上となる場合もあります。

ただ、通常の美容師の手取り収入よりある程度高い金額になる場合が多いです。

ただ、契約期間が満了した時点で更新がなければ、そこで仕事が無くなります。

美容師の業務委託は稼げない訳ではなく、安定させるのが難しいです。

 

美容師の業務委託の仕事内容

業務委託の場合、美容師は基本的には美容室から業務を任されるためになります。細かい部分については指示はされないこととなります。

美容師の業務委託で掃除などをするかどうかは契約次第になります。実際に働いてから掃除するしないで問題にならないように、掃除の内容について契約時に認識を合わせておきましょう。

 

美容師の業務委託の契約書

美容師の業務委託の契約書については、美容院、美容師のどちらが準備しても大丈夫ですが、契約書の内容については、双方認識を合わしておく必要があります。

 

美容師の業務委託に未来はあるのか

美容師の業務委託に未来はあるのかの答えは、未来はあります。

美容師の業務委託として、将来成功するためには、契約に詳しくなり、自分に有利な契約を結び、技術と経験を高めていくことで、いくらでも可能性は広がります。

逆に契約について勉強をせずに、単純な仕事だけをしていればいつまでたっても使い捨てられてしまいます。

業務委託という働き方は、自分次第です。自分がどれだけ仕事をコントロールしていけるかで成功できるかが決まります。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
業務委託
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ