フリーランスの仕事に関する疑問にお答えします

フリーランスにはどうすればなれるのか、仕事はどこですればいいのか、フリーランスを始めようと検討している人はそんな疑問を抱えていると思います。

そんなフリーランスの仕事に関する疑問にお答えします。

 

フリーランスに対しての疑問

フリーランスになるにはどうすればいいのか

フリーランスになるには、特別に必要なものがあるというわけではありません。組織に所属せずに個人で仕事を契約すればフリーランスとして仕事することができます。

 

フリーランスは税金面で対応が必要になる

ただ、個人で仕事をするため、会社員やアルバイトとは違う点は仕事に関わる税金を自分で納める必要があります。

仕事に関して使った費用については、経費として計上することが可能となります。

 

フリーランスの仕事場所はどこか

フリーランスの仕事場所は特に制限されていません。在宅でもシェアオフィスなどでも仕事をすることができます。

 

フリーランスは稼げる仕事なのか、儲かるのか

フリーランスになれば稼げる、儲かるというイメージで話がされることが多くありますが、フリーランスになるイコール、稼げるということではありません。

簡単に説明するとフリーランスになることで、中間マージンがなくなるため、仕事の報酬がダイレクトに手元に入るということです。人脈があって仕事に困らないのであればフリーランスになることで収入をアップすることが可能になります。

逆に、フリーランスになった場合、人脈がないのであれば、人脈ができるまで時間を置いた方が良いでしょう。

 

主婦にぴったりのフリーランスの仕事

フリーランスは、子育てや家事などで時間に制限のある主婦にぴったりの仕事です。自分の時間に合わせて在宅の仕事をすれば、家計を支える収入源となります。

 

フリーランスの仕事は女性の制限はあるのか

フリーランスの仕事で女性の制限は特にありません。ただ、出産や育児に対して、育休などの会社からの補助がないので、パートナーや両親などのサポートが必要となります。

 

フリーランスの仕事で必要な資格

フリーランスの仕事で必要な資格は特にないのですが、取って置いた方が良い資格はあります。

IT系の資格や士業の資格は取っておくと仕事の単価アップや新規契約につながります。

 

フリーランスはスキルなしでもできるのか

フリーランスは、スキルなしでもできます。しかし、単価の高い案件や契約を増やそうと思うとスキルや経験があった方が良いです。スキルがない場合には、自分ができることを整理して、自分を売り出していけば契約に結びつけることができます。

 

フリーランスは仕事がない時はどうすればいいのか

フリーランスは仕事がない時は、営業をすることになります。契約を取り収入を確保するために営業を行います。

 

フリーランスの休業補償

基本的にはフリーランスの休業補償はありません。

コロナウィルスでの休講による子連れ世帯の休業補償については4100円と正社員の8330円に比べて低いです。

 

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
フリーランス
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ