未経験のフリーランスのインフラエンジニアに必須の知識(Linux編)

インフラエンジニアに必須のLinuxの知識を紹介します。

Linux

コマンド内容使用例
cdディレクトリ移動cd ディレクトリ名
cd / ルートディレクトリ cd .. 上のディレクトリ
lsディレクトリ内のファイル・ディレクトリを確認ls
ls – l -lt 更新日 lrt 逆 -lc ファイル属性変更 -lu 最終アクセス日 -v 自然な数字
pwd現在の自分のディレクトリを表示するpwd
mvファイルを移動するmv ファイル名 移動先ディレクトリ名
ファイルのリネームmv ファイル名 リネームファイル名
lessファイルの中身を閲覧する
SPACE 1画面スクロール
b1画面逆スクロール
d 半画面スクロール
u 半画面逆スクロール
リターン/e/j 1行スクロール
y1行逆スクロール
g 先頭に移動
G 末尾に移動
/検索ワード 検索ワードを検索する
| less 標準出力
less ファイル名
more ファイルの中身を閲覧する(ファイルの末尾で終了)more ファイル名
catファイルの中身を表示
cat ファイル名 | grep
cat ファイル名
headファイルの先頭を表示head ファイル名
tailファイルの末尾を表示(logがおすすめ)tail ファイル名
findファイル・ディレクトリを検索
 -name ファイル名一致
 -type ファイルタイプ (d ディレクトリ f ファイル)
-exec rm コマンド \; コマンドを実行


 -path パス名一致
 -L シンボリックリンクを辿る
 -mmlm 指定の分数より前に更新
 -mtime 指定に日数より前
 -newer 指定更新時刻以降に更新
 -user 所有者の名前
 -prune 除外
 -o and
find パス名 オプション ファイル名
grepファイルの中身確認
diff2つのファイルの比較diff ファイル1 ファイル2
cpファイルのコピーcp コピー元 コピー後
同じファイル名で別ディレクトリcp コピー元 ディレクトリ名
複数ファイルを別ディレクトリへコピーcp コピー1 コピー2 ディレクトリ名
ワイルドカードを使って複数ファイルを別ディレクトリへコピーcp コピー* ディレクトリ名
-r ディレクト毎コピー -f 強制的にコピー
touchファイルを作成touch ファイル名
mkdirディレクトリを作成mkdir ディレクトリ名
rmファイルの削除rm ファイル名
rmdirディレクトリの削除rm ディレクトリ名
lnリンクの作成
権限
chmod権限を変更chmod ファイル名 777
chownファイルの所有者を変更するchown
historyコマンドの履歴を表示
uname現在ログインのユーザーを表示するuname -w
キャパシティ確認
dfファイルシステムのキャパシティを確認
ディレクトリのキャパシティを確認
topキャパシティ プロセスの使用状況の確認
-30 30秒間隔
freeメモリの使用状況の確認
ps現在実行のプロセス
-r
“(バッククオート)囲った中身をコマンドとして出力する。 Shift + @
$()も同じ使い方
|(パイプ)|を挟んでコマンドからコマンドに値を渡す
例 cat ファイル名 | grep 検索キーワード
| grep |sort


プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、保険の営業、事務(派遣社員)を経験後、ITエンジニアに転職。 残業や生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。過去のビジネス経験と副業経験を活かし情報発信をおこなっている。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

toshiをフォローする
フリーランスフリーランスエンジニア
スポンサーリンク
toshiをフォローする
幸せなお仕事ナビ