10年後、20年後の「未来の仕事」と「なくなる仕事」

10年後、20年後の未来に主流となる仕事となくなる仕事を紹介します。

未来の仕事とは、今はまだシーズ(成長前)段階だが、数年後や10年、20年後に主流となってくる仕事です。

仕組みやサービスが今は開発や準備段階の仕事で、今後メジャーとなる仕事です。

なぜ、今伸びる仕事ではなく、将来の仕事に注目するかというと、先行者利益を得ることができるからです。

今でさえ世界のトップ企業である、Googleも、検索サービスが1997年に生まれており、30年前には会社すらありませんでした。

今は、研究段階やアイデア段階のものが今後、新しいサービスとして生まれ、未来の仕事がどんどん生まれていくでしょう。

PytonエンジニアやAIエンジニア、ドローン操縦士などは10年前には誰も注目していませんでした。

しかし、今ではAIエンジニアは実用化されてきており、ドローン操縦士も徐々に動画の撮影などに使われています。

未来の仕事

未来の仕事は、まったく新しい仕事だけではなく、現在、ある程度実用化されており、時代の変化に合わせメジャーとなる仕事や新しいサービスです。

AIエンジニア

AIエンジニアの求人 少子高齢化で今後更にニーズが高くなる仕事
少子高齢化や働き方改革で今後ニーズが高くなる、AIエンジニアの求人の探し方を紹介します。 AIエンジニアとは AIエンジニアとは、業務の自動化、ユーザー対応の自動化、分析などのためにAIの技術を活用するエンジニアです。 AIエ...

ドローン操縦士

ドローン操縦士の求人 これから伸びる未来の仕事
今後伸びていくことが予想されるドローン操縦士の求人の探し方を紹介します。ドローン操縦士とはドローン操縦士とは、有人飛行では侵入が難しい場所の写真撮影や動画撮影や測量などや、簡単には空撮できないような自然や建物の写真撮影・動画撮影をす...

宇宙旅行のツアーガイド

ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作さん宇宙旅行に行き、今後は宇宙旅行も増えていき、宇宙旅行のツアーガイドの仕事も出てくるでしょう。

web3、web4、web5エンジニア

web3、web4、web5のエンジニアも必要とされてくるでしょう。

先端技術エンジニア

拡張FinOps、クラウド・データ・エコシステム、メタバース、クラウド・サステナビリティ、デジタルヒューマン、コンピュテーショナル・ストレージ、インターナルタレントマーケットプレイス、デジタルツイン、サイバーセキュリティ・メッシュ・アーキテクチャ、データ可観測性、動的リスク・ガバナンス、インダストリ・クラウド・プラットフォーム、実用最小限のアーキテクチャ (MVA) 、オブザーバビリティ駆動型開発、オープン・テレメトリ、プラットフォーム・エンジニアリング

なくなる仕事

なくなる仕事といっても、実際にすぐになくなる訳ではありません。仕事は誰かのために、何かのために必要だからあるのです。

実際は、その仕事の目的のため進化していくのです。

事務の仕事

事務の仕事は、すでに徐々にRPAやAIによって自動化されていっています。10年後には事務処理で行われていた、書類のチェックや文字入力などはRPAやパソコンなどの自動機能が行うようになるでしょう。

事務の仕事をしている人は、RPAなどの仕組みを学んでいくと良いでしょう。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、保険の営業、事務(派遣社員)を経験後、ITエンジニアに転職。 残業や生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。過去のビジネス経験と副業経験を活かし情報発信をおこなっている。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

toshiをフォローする
仕事
スポンサーリンク
toshiをフォローする
幸せなお仕事ナビ(リモートワーク・フリーランス・エンジニア)