【自分に合う仕事の探し方】適職マッチングするための方法

就職活動をしている大学生の方や働いている人でも自分に合う仕事が見つからないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

自分にあった仕事が見つからなくて悩んでいるのは、あなた一人だけではありませんので、安心してください。

この記事では、以下の流れで自分の適職がわからない人が、自分に合った仕事を知ることができます。

 

・自分にあった仕事を探す方法
・自分にあった仕事を探すポイント
・行動して本当に自分にあった仕事か知る

自分にあった仕事が見つからない

自分にあった仕事が見つからないのはなぜでしょうか?

 

それは、自分に合った仕事がわかっていないからです。

自分に合った仕事がわからないからといって恥ずかしいことではないのでご安心ください。

あなたの周りの大人も実は自分に合った仕事がわからずに仕事をしています。

だから、仕事に行くのがつまらなさそうだったり、満員電車で死んだ魚のような目をしているのです。

世の中の社会人の9割以上は自分に合った仕事をわからずに仕事をしています。

それは、なぜなのでしょうか。

それは実際に自分に合った仕事を見つけるための方法を知らないからです。

それは、本人が悪いわけではなく、日本の教育の中で、適職を探す方法を教えていないのがが一番の理由です。

この事については、また別の機会にお話しさせていただきます。

本題に戻り自分のにあった仕事を探す方法を紹介していきます。

 

自分にあった仕事がわからない

それでは、そもそも自分に合った仕事がわからないのはなぜでしょうか。

その理由は二つあります。

・自分自身をわかっていない
・仕事が何かわかっていない

自分自身をわかっていない

自分自身については、わかっているように思えて、意外とわかっていないことが多いです。

特に仕事については普段から意識しないことなので、質問をされると答えられないことが多いです。

自分自身がわかっていないのには二つ理由があります。

 

・自分がどんな仕事をしたいのかわかっていない
・自分がどんな仕事ができるのかわかっていない

 

自分がどんな仕事がしたいのかわかっていない

自分がどんな仕事をしたいのか?

明確にこの仕事がしたいと答えられる人はあまりいないと思います。

それは今後、説明しますが、仕事がなにかわかっていないというのが一番の理由です。

 

自分がどんな仕事ができるのかわかっていない

自分がどんな仕事ができるか?

仕事をする上でこれは非常に重要なことです。

 

仕事が何かわかっていない

仕事とは何か、実はわかっている人は少ないです。

それは仕事とは何かは3つから成り立っていていて全部をしっかり抑えている人は少ないからです。

逆にこのことがわかっていれば仕事が何かがだんだんわかってきます。

 

・どんな仕事があるのかわかっていいない
・仕事の仕方がわかっていない
・なぜ仕事をしなければいけないかわかっていない

 

どんな仕事があるのかわかっていいない

仕事には職種、業種があり、業種とは製造業や建設業、飲食業といった業界毎の種類です。

職種とは、営業や事務、技術職といった会社の中での役割です。

 

仕事の仕方がわかっていいない

仕事の仕方がわかっていないとどんな仕事をしてもうまくいきません。

ただ、どのようにすればうまくいくのかは誰も教えてくれません。

 

なぜ仕事をしなければいけないかわかっていない

なぜ、仕事をしなければいけないのでしょうか?

これは、仕事を知るために知っておく知識です。

そして、仕事をするために一番大事なことです。

なぜ、仕事をしなければいけないのか大きく二つの理由があります。

 

・生きていくため
・幸せになるため

そうです。自分が生きていくため、幸せになるために仕事をするのです。

忙しくなると忘れてしまいがちですが、本当は自分が幸せになるために仕事をするのです。

 

自分にあった仕事を知る方法

自分に合った仕事を知るためには二つのステップがあります。

 

・自分自身を知る
・どんな仕事が自分に合ってるのか知る

自分自身を知る

まずは、自分自身を知る必要があります。

自分を知るためによく使われているのが、自己分析です。

 

どんな仕事が自分に合ってるのか知る

どんな仕事が自分に合っているか知るために使われているのが適職診断です。

 

自分にあった仕事を知るためのポイント

自分にあった仕事を知るために自分一人で悩んでいてもなかなかうまく進みません。

周りの人に聞いてみたり、実際に経験してみるのが一番の近道です。

 

客観的に自分を知る

自分で考えていても気づかないことは多いです。客観的に自分を知ることで自分にあった仕事が見えてきます。

知り合いや両親に自分にはどんな仕事があってそうか質問をしてみて、その理由を聞くことで客観的に自分を知ることができます。

実際に経験してみる

実際に経験してみて体感してみるのが、自分にあった仕事を知るための一番の方法です。

インターンやアルバイトなどでその仕事を経験してみるのが一番の方法です。

 

自分にあった仕事を実際に探してみる

自分にあった仕事が絞れてきたら、実際にその仕事に就いてみるために行動していきましょう。

自分にあった仕事かどうかは、実際に働いてみないとわかりません。

就職活動中の方であればインターンや転職を考えている人であれば一度転職をしてみてみるのが一番です。

一度しかない人生です。

どんどん自分にあった仕事を探しましょう。

ただ、仕事に慣れるためには最低でも半年はかかります。また、時間が掛かる人は1年経たないと仕事に慣れないこともありますので、最低でも1年は働いてみましょう。

できれば、2年から5年は一つの会社で働いてみるのが将来を考えると良いと思います。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
仕事
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ