リモートワークツールの選び方

リモートワーク

リモートワークをするためには、テレビ会議など離れている人同士のコミュニケーションを取るためのリモートワークツールを使います。

リモートワークツールの種類

離れていてもコミュニケーションを取るためのリモートワークを円滑にするためのツールがあります。

・Office365
・slack
・chatwork
・zoom
・kintone(キントーン)

 

・Office365

クラウド上で、資料やスケジュールを共有することができます。Office 365 E1以上では、Micorosoft Teamでテレビ会議やチャット機能を電話会議などをおこなうことができます。

オンライン会議の開催 | Microsoft Teams
Teams を利用すると、オンライン会議、電話会議、バーチャル イベントを開催できます。今すぐサインインしてリモート ワークで柔軟に対応しましょう。

 

・slack

slackはSNS的なインターフェースで直感的にプロジェクトを進めていくことができます。

 

働き方の未来は Slack に
Slack は、チームとコミュニケーションを図るための新しい手段です。メールよりも速く、整理され、安全な方法で実現できます。

・chatwork

クラウド型のビジネスチャットツールである。チャットによるコミュニケーションが取れるツールです。タイムライン上でのタスク管理やファイル共有、ビデオ通話ができます。

 

Chatwork - 中小企業向けビジネスチャット 国内利用者数No.1
Chatwork(チャットワーク)はメール、電話、会議・訪問など仕事で必要なコミュニケーションをより効率的にする国内利用者数No.1 の中小企業向けビジネスチャットです。社内外のコミュニケーション活性化や業務効率化を実現します。導入企業は30万社をこえ、ICTを活用したワークスタイルの変革や業務プロセスの革新をサポート...

 

・zoom

Webでのオンライン会議のツール。クラウドを使用してWeb会議を実現します。 ビデオ会議を中心に、オンライン会議、チャット、スマホなどのモバイルでの対応も可能です。Web上でのコミュニケーションを取れ、リモートワークを円滑にします。

 

ミーティング

 

・kintone(キントーン)

業務アプリを直感的に作成できるクラウドサービス。マウス操作で直感的に自社に合ったシステムが作成できます。クラウドなのでリモート環境からの接続が可能です。

 

kintone(キントーン)- 404エラーページ | サイボウズの業務改善プラットフォーム
kintoneの 「404エラーページ」 をご紹介します。kintone(キントーン)は開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できる、サイボウズのクラウドサービスです。業務アプリを直感的に作成でき、チーム内で共有して使えます。社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、...
プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
リモートワーク 仕事
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ