ピンチをチャンスに変えれる、不況でも儲かる仕事とは

コロナウイルス対策でまん延防止等重点措置、緊急事態宣言も発令され解除はまだいつになるか明確ではありません。

飲食店などのサービス業は人件費がコストとしてのしかかりキャッシュがどんどん減っていきます。また、店舗を閉めた場合も家賃を払わなくてはいけないため、倒産する可能性も高くなっています。

サービス業が倒産することで関連企業なども資金を回収できずに連鎖的に倒産が起き、不況になっていくことも考えられます。

このままコロナウイルスの感染者が増えていくと消費の冷え込みや買い控えから、不況になっていく可能性も出て来ています。

不況でも儲かる仕事を知っておくことで、ピンチをチャンスに変えることができます。

 

不況でも儲かる仕事とは

不況でも儲かる仕事とは、不況になることで逆にニーズが出てくる仕事です。

不況になると企業の倒産やコスト削減などが発生します。

そのような状況に答えることができる仕事が不況で逆に儲けることができる仕事です。

そもそも普段からコストをかけていない会社やサービスが不況の際には強さを発揮します。

 

コンテンツで儲けている仕事

人件費を掛けずに、不況の際にニーズの出るコンテンツを持ってれば、不況でも儲けることができます。

不況になってもニーズが出るコンテンツを普段からしっかり作っていれば、後は不況の際にも収益を得ることができます。

 

 

仕組みで儲けている仕事

人件費を掛けずに、仕組みで儲けている仕事は不況でも儲けることができます。

仕組みを運営する最低限のコストだけで、収益を得ることができるので、不況になっても儲けることができます。

 

堅実な仕事

コストを掛けずに、堅実に仕事をしていれば、不況時に重宝されます。

見ている人は見ているので、普段手抜きな人より、普段からしっかりと堅実に仕事をしている人が選ばれます。

不況の際には、堅実な仕事を普段からしている人が稼ぐことができます。

 

家賃にコストをかけない

家賃にコストをかけない業態の場合は不況の際に、売上が減った場合や社員数を減った場合にも、利益を確保し稼ぐことができます。

 

居抜きの仕事

店舗が倒産した後の居抜き店舗などで稼ぐことができます。

 

無借金経営の会社

ニトリなどは、無借金経営でこのコロナウイルスの不況の中でも増益となっています。無借金経営をする事で不況の際にキャッシュをふんだんに活用できます。

 

ウィズコロナの仕事

コロナウイルスの中で生きていく、ウィズコロナ時代と言います。

コロナウイルスによる営業自粛により仕事が増えている仕事を紹介します。

緊急事態宣言が解除された後のウィズコロナの時代にもある程度残っていく仕事になります。

 

リモートワーク導入

コロナウイルスによる自粛でリモートワークを実施しなければいけない企業が増えています。企業にリモートワークを導入をサポートする仕事はニーズが増えてます。

フリーランスエンジニアの仕事はリモートワーク環境を作るために今後もニーズが出てきます。

フリーランスエンジニアのエージェント毎の年収の比較【2021年10月最新】
フリーランスになる場合に一番のパートナーとなるのがフリーランスエンジニアエージェントです。自分に合うエージェントを見つける事で、その後のフリーランスエンジニアとしての人生が大きく変わってきます。この記事ではおすすめのフリーランスエン...
【初心者・未経験者向け】フルリモートの求人の探し方
新型コロナウィルスの感染予防からフルリモートで働ける仕事のニーズは増えてます。完全に在宅で仕事ができるフルリモートワークは、自宅で全て仕事が完結するため、無駄な時間を極力減らすことができるため、フルリモートワークの仕事を希望する人は多く...

 

デリバリー・宅配

コロナウイルスによる自粛のため、自宅からなるべく出ないようにしている人が増えており、自宅を出ずにご飯を食べれるデリバリー、宅配などはニーズが増えています。

飲食店で売り上げが落ちている場合は、デリバリーや宅配を始めることも検討した方がよいでしょう。

 

フリーランスエンジニア

エンジニアは慢性的な人手不足のため、不況でも売り手市場です。また、フリーランスエンジニアは、派遣会社などに比べると中間マージンを抜かれる割合が低いため、自分の取り分を増やすことができます。最近ではフリーランスエンジニア向けの給与補償なども充実している会社もあるので少しずつ安定した仕事の形になってきています。

 

フリーランスエンジニアのエージェント毎の年収の比較【2021年10月最新】
フリーランスになる場合に一番のパートナーとなるのがフリーランスエンジニアエージェントです。自分に合うエージェントを見つける事で、その後のフリーランスエンジニアとしての人生が大きく変わってきます。この記事ではおすすめのフリーランスエン...
最高年収2000万円以上のフリーランスエンジニアエージェント
最高年収1000万以上が可能なフリーランスエンジニアエージェントは多くあります。 ただ、最高年収2000万円を超えると極端に数は少なくなります。 最高年収2000万を超えるフリーランスエンジニアエージェントを紹介します。 ...

 

オンラインショッピング

自宅で買い物ができるオンラインショッピングなどは、外出しなくて欲しいものが買えるため需要が増えています。

 

BASE

BASEは、30秒あればオンラインショップが開設できます。
必要なのは、事業者名と所在地、電話番号などがあれば始めることができます。

 



コロナウイルス後(アフターコロナ)の仕事

コロナウイルス後に仕事の仕方が、完全に元に戻ることはないでしょう。

リモートワークの導入やリモートワーク対応を引き続き続けていく企業も多いでしょう。

また、デリバリーや宅配なども、今後も引き続き続けていく店舗は多い事が考えられますが、ユーザー側が引き続きデリバリーを継続していくかどうかは現状わかりません。

ゴーストレストランといった店舗を持たずにキッチンで調理した料理を宅配専門で販売する飲食店などの形態も増えてきていますが、競走も激しく、デリバリーや宅配のニーズが減った場合どうなるのか先行きは見えていません。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
仕事
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ