10年後、20年後、未来に儲かる仕事とは

現代はVUKA(不確定)な時代と呼ばれている。将来の見通しを立てるのが難しい今、10年後、20年後、未来に儲かる仕事を紹介します。

未来に儲かる仕事とは

未来に儲かる仕事とは、今はまだ仕事としてメジャーではないが、数年後や10年後にニーズが出てくる仕事です。

仕組みやサービスが今は開発や準備段階の仕事で、今後メジャーとなる仕事です。

今でさえ世界のトップ企業である、Googleも、検索サービスが1997年に生まれており、30年前には会社すらありませんでした。

今では、PytonエンジニアやAIエンジニアなどは高収入の求人で儲かる仕事ですが、10年前には誰も注目していませんでした。

億り人で注目された仮想通貨のbitcoinも2008年に生まれており、今から10年ぐらいしか経っていません。

今まだ日の目を浴びていない今後儲かる仕事は必ずあります。

10年後、儲かる仕事とは

SDGs関連

10年後に儲かる仕事とは、2030年はSDGsの目標達成のゴールの年となっています。

SDGs(エズ・ディー・ジーズ)は、国連で採択された「持続可能な開発目標」です。2030年までに17の目標達成を目指しています。

SDGs債など企業の環境面やCSRなど社会貢献の経営が注目されていく

SDGs債などのSDGsの目標達成に貢献するプロジェクトを支援する債券も発行されています。

企業の環境面や社会貢献の経営が金融などの投資で評価されるのです。

今後は、企業経営もSDGsを考えていく時代です。

SDGsの知識を持っている人は重宝される

企業へのSDGsの導入はまだ実績が多くなく、SDGsの導入経験やSDGsの知識を持っている人は少ないため、企業では重宝される人材となります。

SDGsで稼ぐには

フェアトレードや地球や自然に優しい商品など、今までは意識のある一部の人にしか注目されてきませんでした。

しかし、これからはSDGsという地球規模の共通目標に対して、少しずつ意識を持つ人が増えていくでしょう。

フェアトレードや自然に優しい商品、生産者の顔を見える商品など、きちんとした商品を提供することで稼ぐことができるでしょう。

このようにしてSDGsは、2030年の目標達成に向けて、今後、どんどん注目されていくでしょう。

SDGsとは

SDGsとは、持続可能な開発目標。持続可能な開発のために国連が定める国際目標で、17の世界的目標、169の達成基準、232の指標がある。

エッジAIエンジニア

ネットワークやサーバを使わなくてもユーザー側でAIを使うことができるのがエッジAIです。

Iotやスマートデバイスなどの機器に組み込まれ、ドラえもんなどに近いAIを作ることができる技術として今後注目のされていくでしょう。

フリーランスエンジニアとして、より多くの経験や最先端の技術に関わることが重要になっていきます。

高収入につながるフリーランスエンジニアの最新技術の知識
フリーランスエンジニアが高収入を得るためには、最新技術の知識と経験が必要になります。高収入につながるフリーランスエンジニアの最新技術の知識を紹介します。セキュリティセキュリティの最新技術を紹介します。XDRXDRとは、複数のセキュリ...

次世代ブロックチェーン

現在のブロックチェーンの技術は超高速の計算が必要になります。そのため、電気の消費量が高く、環境負荷も高いです。ブロックチェーンの良さを活かしながら低エネルギー・低負荷な技術が生まれてくると世界中に広がると思います。

イーロンマスクのテスラでの自動車購入へのビットコインの決済を停止したのも電気消費量の問題がありました。次世代のブロックチェーン技術による低エネルギー・低負荷な技術が求められています。

次世代のブロックチェーンが開発された段階では、著者の考えですが、開発者一人だけで稼ぐというより、皆でシェアするような形になっていくといいなと思います。

メタバース

最近facebookも社名をメタに変え、今後メタバースの市場は伸びていくことが予想されます。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、保険の営業、事務(派遣社員)を経験後、ITエンジニアに転職。 残業や生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。過去のビジネス経験と副業経験を活かし情報発信をおこなっている。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

toshiをフォローする
仕事
スポンサーリンク
toshiをフォローする
幸せなお仕事ナビ