町中華から冷凍食品まで「大阪王将」運営の「イートアンドフード」がすごい

4月8日のカンブリア宮殿で特集される「大阪王将」。カンブリア宮殿には、イートアンド会長「文野直樹」が登場。

コロナ禍で、外食チェーンはどこも経営難となった。中華のチェーン店「大阪王将」も、コロナで昨年春は壊滅的なダメージを受けた。しかし、現在は前年比と変わりのないところまで業績を回復している。

「餃子の王将」と「大阪王将」の二番煎じの払拭

大阪王将は長年、「餃子の王将」の二番煎じと揶揄されてきた。

しかし、今では「大阪王将」の独自のメニュー開発や住宅地への店舗展開などの戦略で順調に成長を遂げてきている。

カンブリア宮殿で大阪王将の放送の裏でよいこチャンネルでは餃子の王将特集をしていた。

「大阪王将」の冷凍食品

「大阪王将」は外食産業でありながらも、冷凍食品事業も手掛け、今や食品メーカーとしても大手と張り合う。

唐揚げや天心やお弁当のおかずなどの冷凍食品を通販サイトでの販売もしています。

冷凍餃子

羽付き餃子など本格的な冷凍餃子を味わうことができます。

 

テイクアウト(持ち帰りメニュー)

持ち帰りメニューも開始しています。

デリバリー

デリバリーサイトも開始しています。

 

カンブリア宮殿では、大阪王将の知られざる強さの秘密に迫る。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、保険の営業、事務(派遣社員)を経験後、ITエンジニアに転職。 残業や生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。過去のビジネス経験と副業経験を活かし情報発信をおこなっている。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

toshiをフォローする
仕事
スポンサーリンク
toshiをフォローする
幸せなお仕事ナビ