精神保健福祉士(PSW)の求人 気になる年収や求人サイト

精神に障害がある方の社会参加をフォローする精神保健福祉士です。

国家資格である精神保健福祉士の求人や気になる年収について紹介します。

 

精神保健福祉士とは

 精神保健福祉士とは、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。

中略

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)という名称で1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。

社会福祉学を学問的基盤として、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目標としています。
引用:精神保健福祉士について – 日本精神保健福祉士協会

 

精神保健福祉士とは、精神科のある病院や精神障害者社会復帰施設などで、精神に障害がある方の生活のフォローや社会への参加に向けての支援をする仕事です。

PSWを略称で呼ばれることもあります。

精神保健福祉士の仕事

・公的支援制度の紹介
・社会復帰のサポート
・就職後のサポート

公的支援制度の紹介

障害のある方は仕事についていないことが多く、本人の医療費や生活費として活用できる公的支援制度の紹介します。

 

社会復帰のサポート

障害のある方にできる限り社会に復帰してもらい、本来の自立した生活ができるようにサポートするという仕事もあります。

社会復帰に向けて、日常生活に必要な訓練や会話の練習などをサポートします。

 

就職後のサポート

障害のある方が、再び社会に出て働くための支援や、就職後も仕事に定着できるまでのサポートをします。

 

精神保健福祉士の年収

精神保健福祉士の年収は347万円

正社員の場合は、男性が426万円、女性が368万円です。

非正規の場合は、男性が274万円、女性が239万円です。

20年代は255万円、30年代は319万円です。

参考資料:第2回精神保健福祉士の養成の在り方等に関する … – 厚生労働省

 

精神保健福祉士の求人

精神保健福祉士の求人を掲載している求人サイトを紹介します。

 

リクナビ

条件を指定して探せるリクルートの転職サイトです。転職数も多く、安心して使うことができます。
https://next.rikunabi.com/kw%90%B8%90_%95%DB%8C%92%95%9F%8E%83%8Em/?__m=15878243996771706839454376281699

 

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
求人
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ