フォスターフリーランスの現役エンジニアの評価と評判

フォスターフリーランスは、ITエンジニア専門のフリーランスエージェントです。1996年のサービス開始以降、15,000人を超えるフリーランスITエンジニアに案件・求人のご紹介から就業中のサポートしています。

一人ひとりに合わせたサービスを提供しています。

自由に仕事を選び、自在な生き方をする。

引用:フォスターフリーランス

フォスターフリーランスは、フリーランス求人として、直請け案件が多いため、高報酬・高単価の案件も可能になります。

直受け案件とは、元請けや1次請けと同じ意味で使われます。直接会社と契約をするため、中間マージンが少なく、高報酬や高単価となる可能性が高くなります。上流での仕事をすることができます。そのため、コミュニケーションによるストレスが少ない可能性も高くなります。

案件は常時5,000件以上あるため、個人のニーズに合わせた案件に就くための選択肢が広がります。

Webサイトに公開している案件は、全体の10%です。そのため、登録する事でWeb上には掲載されていない非公開案件・非公開求人を確認できます。

案件紹介サービスに登録する事で、ITエンジニア経験のあるコーディネーターがあなたに合った案件や非公開案件や非公開求人を案内してくれます。

twitterなどでnoteなどでyoutubeなどで情報を発信しています。また、DX人材など業界初のITフリーランスにフォーカスした教育サービスFOSTER ACADEMYを開始しました。また、紹介した友達が就業し3ヶ月経過すると5万円プレゼントの友達紹介キャンペーンなども実施しています。一人ひとりに合わせたサービス
高報酬・高単価

現役エンジニアの評価

現役エンジニア目線から考えると直請け案件が多いのが魅力になります。直受け案件の場合は、高報酬・高単価の案件になる可能性もあります。また、直案件の場合は働きやすさも期待できます。

独自調査でのフォスターフリーランスの評判

高単価を売りにしているフリーランスエージェントということもあってスキルや経験の高いエンジニアへの仕事の紹介はスピーディなようです。ただ、一般的ですがスキルが低かったり、経験が浅いエンジニアの場合、時間がかかったり、仕事の紹介がない期間がある場合もあるようです。独自調査の結果では、あまり悪い評判はない印象です。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
フリーランスエンジニア
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ