50代でフリーランスエンジニアに転職はどうなのか

フリーランスエンジニア

50代のフリーランスエンジニアの転職は実際どうなのかを解説していきます。

 

エンジニアは不足しているため50代だとしても経験があればフリーランスエンジニアとして活躍することは可能です。

 

レバテックフリーランスでは、フリーランスエンジニアの意識調査も実施しています。
50代のフリーランスの調査などもしています。

 

50代のフリーランスエンジニアの契約者が2017年から1.6倍に増加。
フリーランス歴1年未満のエンジニアが全体の27.9%。
50才からキャリアチェンジをするエンジニアが増加傾向。
一番多く利用されているスキルセットはC言語/C++。
「理想のワーク・ライフ・バランスを実現する」ためのフリーランスにキャリアチェンジするエンジニアが増えています。
引用レバテックフリーランス50代のフリーランスの調査

このように近年ワークライフバランスを求めてフリーランスエンジニアとなる50代のエンジニアは増えています。

&nbsp

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
フリーランスエンジニア
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ