フリーランスエンジニアになるには 最低限必要な4つのスキル 未経験エンジニア必見

未経験からフリーランスエンジニアを目指している方はどの様なスキルが必要か迷っている方も多いと思います。

このスキルを押さえておけばフリーランスエンジニアとして続けていくことができるフリーランスエンジニアになるのに最低限必要な4つのスキルを紹介致します。

 

フリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアを続けていくために必要な能力は4つあります。

 

営業力
自己管理能力
コミュニケーション能力
調べる力

営業力

会社員の場合は、組織の中に案件を獲得するための営業がいるため、自分で努力しなくても案件を獲得できます。

しかし、フリーランスは自分一人で営業をして案件を獲得しなければいけません。そのため、自分で案件を獲得するための営業力が必要になります。

 

自己管理能力

会社員の場合は、管理職がいて自分の仕事を管理してくれます。しかし、フリーランスは自分一人です。自分だけで仕事を管理しなければなりません。

体調が管理できず仕事ができなければ、その分の収入は途絶えてしまいます。また、仕事が進んでなくても誰も教えてくれません。

仕事の進捗管理も体調管理も自分でしなければなりません。

 

コミュニケーション能力

フリーランスエンジニアが案件を完遂させるのに重要なのがコミュニケーション能力です。

どれだけ高いITの知識や技術を持っていてもコミュニケーション能力が低い場合は、仕事を進めることはできません。クライアントと会話し、クライアントの要件を把握することができないければ案件を進めることもできないですし、案件を完遂することもできません。

 

調べる力

フリーランスエンジニアに一番重要なのが調べる力です。
もしスキルや経験がなかったとしても調べる力があれば、システムに必要な情報を調べることができます。プログラミンができなかったとしても、Saasのサービスを探すことができれば、クライアントの要望に答えることができます。

営業力はフリーランスエンジニアエージェントに頼ることができる

フリーランスエンジニアに必要な4つのスキル。いかがだったでしょうか。

基本的にはスキルは自分自身で磨いていくしかありません。

しかし、例外がありまして、必要なスキルとして紹介した「営業力」に関しては、フリーランス案件を紹介してくれるフリーランスエンジニアエージェントに頼ることができます。

当サイトでもフリーランスエンジニアエージェントをまとめているので一度目を通してみてはいかがでしょう。

 

フリーランスエンジニアのエージェント毎の年収の比較【2021年10月最新】
フリーランスになる場合に一番のパートナーとなるのがフリーランスエンジニアエージェントです。自分に合うエージェントを見つける事で、その後のフリーランスエンジニアとしての人生が大きく変わってきます。この記事ではおすすめのフリーランスエン...
プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
フリーランスエンジニア
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ