電気工事士の転職 資格があれば有利に転職できる

電気工事士の転職について紹介します。

 

電気工事士とは

電気工事士(でんきこうじし)とは、電気工事の作業に従事するために電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を有する者に与えられる国家資格です。

電気工事士とは、免状を都道府県知事により交付されている者である。

電気工事士の種類

電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事士との2種類があります。

 

電気工事士だけできる仕事

電気工事士法により、電気工事士の免状がない場合は、一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事に従事することはできない 。

 

仕事内容

簡易電気工事

自家用電気工作物のうち、最大電力500キロワット未満の需要施設であって、電圧600ボルト以下で使用する電気工作物の電気工事(ただし電線路を除く)を指します

ネオン設備

ネオンの設備の工事

非常用予備発電装置

非常用の予備発電装置の工事

 

電気工事士の転職可能な年齢

電気工事士は40代過ぎたとしても、転職可能です。

電気工事士でないとできない仕事があるため、資格を持っていた場合に転職で有利になります。

 

電気工事士の転職は40代でも可能か

40代で電気工事士の転職を考えている方も、資格と経験があれば転職することは可能です。

 

doda

第二種電気工事士の転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】
第二種電気工事士の転職・求人情報ページ:公開求人数314件。 「完全週休2日制」「職種・業種未経験歓迎」など、条件にあった検索ができます。 パーソルキャリアが運営するdoda(デュ...

 

はたらいく

電気工事士の求人情報 | 転職・求人「はたらいく」
電気工事士の求人情報 | 転職・求人「はたらいく」
プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、契約社員の営業、派遣の事務を経験後、エンジニアに転職。 残業や、生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。 過去に8つの副業を経験したことから、「副業」を専門テーマに実態調査や、情報発信をおこなう。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

管理人をフォローする
転職
スポンサーリンク
管理人をフォローする
希望のお仕事ナビ