Web3.0とweb3の違い

Web3.0とweb3は、同じ意味のようで実は違う意味で使われることがあるようです。

Web3.0とは

Web3.0は、Web1.0、Web2.0の次の段階です。中央集権型のWeb2.0から分散型のWeb3.0を表します。

Web3とは

web3は、ブロックチェーンなどのクリプトのコミニティから始まったNFTやメタバースを総称しています。web3は「Decentralized(非中央集権)」です。Decentralized(非中央集権)とは中央集権ではなく分散型であるということです。
web3さまざまなコンポーザビリティ(Composablity)なプロジェクトが、相互補完し合うことで構成される一つのエコシステムのことです。
コンポーザビリティ(Composablity)とは、構成可能性です。相互保管が可能であるということです。

Web3.0とweb3の違い

Web3.0とweb3の違いは、Web3.0はWeb1.0からの延長上で分散型を表し、web3はブロックチェーンなどを使ったコンポーザビリティ(Composablity)、相互保管し合うエコシステムのことを表します。

プロフィール

フリーランスライター。 大学卒業後、保険の営業、事務(派遣社員)を経験後、ITエンジニアに転職。 残業や生産性の低い働き方に疑問を抱き、2017年にライター・編集者・ホームページ作成などの副業を始める。過去のビジネス経験と副業経験を活かし情報発信をおこなっている。 2020年から、転職・副業・向けポータルサイト「希望のお仕事ナビ」(https://coshigoto.work/)で「転職・副業」に関する記事を担当している。

toshiをフォローする
未分類
スポンサーリンク
toshiをフォローする
幸せなお仕事ナビ